ホワイトウォールは、外壁の塗り壁であり国産漆喰です[住宅会社・工務店様向け]

漆喰素材ホワイトウォール

漆喰の特徴

白さが自慢

とにかく白い。白が好き。
近所のどの家よりも白い家にしたい。
そのような希望を叶える外壁材はやはり漆喰がおすすめです。

高い遮熱効果

漆喰の表面の小さな結晶成分により晴れた日はキラキラして見えます。
同時に光を反射しますのでより一層明るく白く見えます。
熱も反射しますので真夏の外壁表面温度を外気とほぼ同等に維持できます。
熱を室内に伝えにくいため空調の効きももちろん良好です。

汚れに強い

ホワイトウォールは強アルカリ性。Phは12.5程度。
外壁も数年すると環境によりますが緑色のコケ状の「藻」が生えることがあります。
特に日が当たらず湿度が高いと顕著です。
急に家全体が古く見えてしまうこともあるうえ、除去も大変です。
漆喰は強アルカリ性のため藻のような微生物が大変付着しにくいです。
長期間きれいな状態を維持することが可能です。

自浄作用

一般的に付着した汚れは掃除しない限りきれいにはなりません。
しかし、漆喰は表面の小さな穴が紫外線が当たることにより呼吸をします。
この時付着した汚れ等も外部に排出します。
だからきれいな状態を長期間維持できるのです。

消臭作用

表面の小さな穴が室内の空気もきれいにしてしまいます。
室内でペットを飼っていたり、焼肉をしたり、たばこを吸ったり・・・。
汚れにくいうえに臭いまで吸収してしまう優れた材料です。
特に湿度の高いトイレや洗面室、下足入れやウォークインクローゼット等で使用すれば
衣服にカビが生えることを抑制できます。

不燃材

住宅で使用する際、不燃材である必要がありますが漆喰の原材料は石灰岩。
どんなに燃やしても火がつくことはありませんし、有害なものも発生しません。
もしもの時に安心の材料です。